知っておくべき事

交通事故での腰痛について⑦

腰の痛みを訴えてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは、筋肉が原因で痛みがでてらっしゃいます。

 

しかし、腰が痛いからと言って腰の筋肉をいくら揉んでも痛みが解消されないケースも多くあります。  

 

今回は、腰痛の原因筋『内側ハムストリングス』です。   前回でご紹介しました外側ハムストリングスと似ていますが、こちらの『内側ハムストリング』を痛めている方も多いです。

  経験上、座り仕事が多く、膝を曲げている時間が長い方や、ご年配の方で骨盤が後ろに傾いている方、立ったまま前傾姿勢で仕事をされる方がよく傷められているように思います。

 

  この筋肉は主に足の動きをサポートする筋肉で、いつもガニ股で歩いたり、普段から立っている時に足を開いて立ってばかりいると前回の外側ハムストリングスばかり使い続けることになり、

この筋肉が弱くなっていきます。

 

そんな状態で、急な坂道を登ったり、前屈みになったりすると、急な負担に耐えられず傷める場合もありますので、普段の足の使い方も大変重要です。

 

  因みに、段差を上るときや椅子から立ち上がる際、膝のお皿が内側に入る傾向にある方はこの筋肉が弱くなっている可能性が高いです。

 

一度checkしてみて下さいね。