知っておくべき事

腰痛について

 今回は腰痛についてお話し致します。
 
腰痛といっても症状は様々あります。
例えば背骨のすぐ側の痛みを感じている方もいれば脇腹近くに痛みを感じる方もいます。
また、前屈みが痛む方もいれば後ろに反ると痛む方もいます。
他にも動かしても痛くないけど、ずっと座ってたり立ってたりすると痛む方。
動かさなくてもズキズキ痛む方もいます。これは痛めている箇所や状態によって様々であるからなのです。
 
よく患者様からこんな質問を頂きます。
『腰が痛む時は冷やしたらいいのですか?それとも温めたらいいのですか?』
『腰が痛む時は動かしたらいいのですか?それとも安静にしておけばいいのですか?』
皆さんはどう思われますか?
答えは前述の通り、箇所や状態により様々です。なので、以前は楽になった方法が今回はむしろ痛くなったという場合もあるわけです。
 
じゃあどうしたらいいの?という事ですが、
一つの目安をお伝えするならば、
痛めてから、または更に痛くなった直後や痛みの状態がズキズキ痛むようならば冷やして下さい。目安は三~七日間です。そこから痛みが緩解し、ダルい、ツッパリ感、中に染み込んでくるような痛みになれば温めるといいですよ。